機動戦士ガンダムなど、数多くのアニメーション作品の版権管理。アニメ番組や実写番組の企画・制作・プロデュース。SOTSU・創通

プレスリリース

  • 平成21年3月11日
  • 株式会社創通
    株式会社バンダイナムコホールディングス

「機動戦士ガンダム30周年プロジェクト」始動!

全高18メートルの「機動戦士ガンダム」等身大立像を製作


 株式会社創通(本社:東京都中央区 代表取締役社長:湯浅昭博)及び株式会社バンダイナムコホールディングス(本社:東京都港区 代表取締役社長:高須武男)は協同でTVシリーズ放送開始から2009年で30周年を迎えた「機動戦士ガンダム」の「機動戦士ガンダム30周年プロジェクト」を始動いたします。
 「Always Beginning いつだって始まりだ。」を全体コンセプトにガンダムファンの皆さんへの感謝の気持ちを込めたイベント実施や商品発売など様々な企画を展開していきます。
 その第1弾として、18mの等身大立像を製作します。 同立像はまず本年7月上旬に「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト 実行委員会」(会長:財団法人東京都公園協会中村正彦理事長)により、同プロジェクトの各種活動の一環として潮風公国(住所:東京都品川区東八潮1・2番)内に設置される予定です。
 「GREEN TOKYOガンダムプロジェクト」とは「機動戦士ガンダム」というコンテンツを通じ、イベント収益の中から「緑の東京募金」へ還元、「緑あふれる都市東京の再生」の広報活動と東京発の「各種の文化発信」を目的としたプロジェクトとなります。 株式会社創通は、1979年の放送以来、ガンダムキャラクターの普及育成に努めてまいりました。30周年を迎え、株式会社バンダイナムコホールディングス他パートナー企業と共に本プロジェクト及び各種イベントに参加することで、事業の推進とともに社会貢献を行ってまいります。

18mの等身大立像

潮風公園設置の「機動戦士ガンダム」等身大立像イメージ図(※設置位置は調整中です)

© 創通・サンライズ

以上