機動戦士ガンダムなど、数多くのアニメーション作品の版権管理。アニメ番組や実写番組の企画・制作・プロデュース。SOTSU・創通

プレスリリース

  • 平成23年7月26日
  • 株式会社創通

「GREE」初の「機動戦士ガンダム」ソーシャルゲームを今秋配信

 ㈱バンダイナムコゲームス[本社:東京都品川区 社長:石川祝男]は、㈱創通 [本社:東京都中央区 社長:青木建彦]が商品化許諾を行なう「機動戦士ガンダム」シリーズのソーシャルゲーム「ガンダムマスターズ(仮)」をグリー㈱協力のもと開発し、今秋の配信開始を予定しています。 同社は携帯電話とスマートフォンの両プラットフォームに配信することで多くの利用者の獲得を目指します。

 本ゲームは、プレイヤーが、歴代のガンダムシリーズから登場するモビルスーツやパイロットを集め、プレイヤーの個性を出したオリジナル部隊を編成し、『任務』と『バトル』を重ねながら最強の「ガンダムマスター」を目指します。1人ではかなわない敵に対し他のプレイヤーと協力して戦うことで、ソーシャルゲームならではの利用者間の交流を感じることができます。

 ㈱創通は、本ゲームのプロモーション活動を行なうとともに、会員数2,506万人(2011年3月末時点)を誇る「GREE」の会員に向けて、「機動戦士ガンダム」シリーズの世界観の普及に努めてまいります。

ガンダムマスターズ

© 創通・サンライズ

© 創通・サンライズ・毎日放送

※画像は開発中のものです。

以上