機動戦士ガンダムなど、数多くのアニメーション作品の版権管理。アニメ番組や実写番組の企画・制作・プロデュース。SOTSU・創通

プレスリリース

  • 平成26年3月20日
  • 株式会社創通
    株式会社バンダイナムコホールディングス
    株式会社サンライズ

「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」 始動!

 ㈱創通 [社長:青木建彦、本社:東京都港区]、 ㈱バンダイナムコホールディングス [社長:石川祝男、本社:東京都品川区]、㈱サンライズ [社長:内田健二、本社:東京都杉並区]は、 『機動戦士ガンダム』が1979年のTVシリーズ放映開始から今年で35周年を迎えることを記念し、新たなプロジェクトとして、「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」(http://www.gundam35th.net/)を始動いたします。

 コンセプトは、「RISE!―世界は動いている」。ガンダム35周年を40周年に向けた躍動の年と位置づけ、将来を見据え、既に次のステージへ向けて挑戦を始めていることを表現しています。

 「Always Beginning いつだって始まりだ。」をコンセプトとして展開した、2009年の「機動戦士ガンダム30周年プロジェクト」では、18mの実物大ガンダム立像が大地に立ち、ファンの皆様に衝撃を与えました。

 今回の「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」では、35周年記念作品『機動戦士ガンダムUC episode 7』、『ガンダム Gのレコンギスタ』、 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』を中心に、テーマ曲「G35」や、記念イベントなどを通じ、多くのファンの皆様に、 さまざまな形でガンダムの世界観を楽しんで頂ける機会を設けていきます。

キービジュアル

機動戦士ガンダム35周年記念作品として展開される3作品のガンダムが描かれています。

© 創通・サンライズ

以上